2008年02月09日

長崎ランタン祭家族旅行1日目

 朝5時に起きて、家族みんなに叩き起こされ、京都の実家を出発。

 午前中は、休憩しつつもひたすら山陽自動車道を西へ走りました。

途中の岡山の吉備SAでは、朝食バイキングで暴食。

 九州への玄関口は、やはり門司港ですね。山口と福岡の間の関門

海底トンネルを越えると、レトロな雰囲気を醸し出している門司港

です。その門司港に最近口コミで話題になっているのが

「焼きカレー」です。

yaki-curry.JPG

 「焼きカレー」とは、ご飯の上にカレーとチーズなどをのせ、

オーブンで焼いたカレーのことです。門司港駅前の店は、外国人の

ホールのおじさんです。思わず入店。味は最高に美味しかったです。

 門司港の有名なものといえば、「バナナマン」です。

bananaman.JPG

 このポーズかなりはずかしい。

 門司港は、バナナの叩き売りの発祥の地であることからこの

バナナマンの像があるらしいです。しかも、顔がリアルすぎるので

本物の人間と見間違えてしまうかもしれません。

 おなかいっぱいの中、ひたすら長崎へ向かいます。途中の佐賀では

「佐世保バーガー」を食べました。

sasebo-burger.JPG

 今夜の宿は、島原小桶園です。
posted by かわたく at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記−福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。