2012年05月02日

モーツァルトの世界へ

【5日目・2012年5月2日(水)】
(フランクフルト→オーストリア・ザルツブルク→フランクフルト)


 今日は、モーツァルトの生まれ故郷へgo!


■オーストリアが誇る銘特急で


 「Railjet」というオーストリア国鉄が誇る

特急列車でザルツブルクへ向かいます。

120502-1.JPG

 快適の2+1シート。

120502-2.JPG

 ドイツにも乗り入れている国際列車です。


■ザルツブルク到着


 オーストリアとドイツの国境にある、ザルツブルクに

到着。

120502-3.JPG

 ザルツブルクは、まさに環境配慮の街。

むかしなつかしいトロリーバスが走っています。

120502-4.JPG

 ザルツブルク駅にはコインロッカーもあります。

120502-5.JPG

 ザルツブルクカードは、24時間よう25ユーロ(約2500円)

で、ザルツブルクのほとんどの観光施設に無料で入れるカード。

120502-6.JPG


■美しい宮殿


 ミラベル宮殿は、大司教が愛人のために建設したそうな。

120502-7.JPG

 職権乱用かい?!それにしても豪華です。

120502-8.JPG

 庭園には噴水があり、まさに絶景。

120502-9.JPG

 バラ園や大道芸人などいろんなジャンルが楽しめる施設。

120502-10.JPG

120502-11.JPG


■モーツァルトの生家


 まずは、「モーツァルトの住居」

120502-12.JPG

 モーツァルトが17歳から住んだ家。

120502-13.JPG

 モーツァルトの生家。

120502-14.JPG

 ここで、モーツァルトが生まれたのかと

思うと感慨深い。

120502-15.JPG

 モーツァルトのミラーボールやチョコレートなど

お土産物も豊富。

120502-16.JPG

120502-17.JPG

 モーツァルトが使ったピアノだとか。

120502-18.JPG

 モーツァルトが書いた楽譜。

120502-19.JPG

120502-20.JPG


■おもちゃ博物館


 山の岩肌にへばりつくような博物館。

120502-21.JPG

 おもちゃだけでなく不思議な展示も。

120502-22.JPG

120502-23.JPG


■ザルツブルクののどかな風景


 馬洗い池という噴水広場。

120502-24.JPG

 馬車が走る風景。

120502-25.JPG

 公園で爆睡するカップル。

120502-26.JPG

 モーツァルトとかわたく。

120502-27.JPG

 どれも素晴らしい!


■大司教の宮殿


 さきほど愛人に宮殿をプレセントした

大司教の宮殿。

120502-28.JPG

120502-29.JPG

 宮殿レジデンツは豪華な作り。

120502-30.JPG

 レジデンツ広場の風景。

120502-31.JPG


■ザルツブルクのシンボル城塞


 城塞ホーエンザルツブルクは、山の上にあるため

ケーブルカーでアクセス。

120502-32.JPG

 1077年に建築し始めた城塞。

120502-33.JPG

 まさに堅固な城塞。

120502-34.JPG

 風景は絶景。

120502-35.JPG

 城西の中は、博物館になっており、

拷問具なども展示していました。

120502-36.JPG

120502-37.JPG


■帰りの列車は個室で爆睡


 ユーレールパスは、1等パスなので

個室も乗車可能。

120502-38.JPG

 はじめは元気に起きていました。

120502-39.JPG

 しばらくすると爆睡です。

120502-40.JPG
posted by かわたく at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記−海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。