2011年06月26日

淡路島のB級スポットへ

【日帰り・2011年6月26日(日)】


 淡路島のB級スポットへ行ってきました。

今回は、JAF(日本自動車連盟)の無料招待で

淡路島の観光施設へ無料見学です。

110626-1.JPG

 無料なのは、ONOKOROとイングランドの丘

でした。

110626-2.JPG


■1000円高速が終わったのでガラガラ


 2週間前に引続き、またもや明石海峡大橋です。

今回は、1000円高速では無いので、垂水ICから

淡路ICまでの最小区間のみです。

110626-3.JPG

 それにしても道路が空いている・・・。

110626-4.JPG

 橋の部分だけ走ったのですが、半額で1150円でした。

110626-5.JPG


■淡路ワールドパーク「ONOKORO」はB級ワールド


 まずは、ONOKOROです。

110626-6.JPG

 なぜかONOKOROかは、後から話が出てきます。

110626-7.JPG

 遊園地のようですが、これがまた遊園地だけでないのです。

110626-8.JPG

110626-9.JPG

 エントランスでいきなり、自由の女神がご挨拶。

110626-10.JPG

 すぐそばには、ピラミッドが。

110626-11.JPG

 北前船はホールになっていて、むちゃくちゃです。

110626-12.JPG

 次に、ミニチュアワールドです。

 万里の長城です。

110626-13.JPG

 中国の天壇です。

110626-14.JPG

 韓国の南大門も精巧にできています。

110626-15.JPG

 フランスの凱旋門が小さすぎです。

110626-16.JPG

 その他、ヨーロッパ建築のオンパレード。

110626-17.JPG

110626-18.JPG

 続いて、童話の森。

 いきなりはだかの王様。

110626-19.JPG

 3匹のこぶたは、豚だらけです。

110626-20.JPG

 赤ずきんもよくできていました。

110626-21.JPG

110626-22.JPG

110626-23.JPG

 最後にたまねぎスープを試飲して

淡路島に来た気分を満喫です。

110626-24.JPG

110626-25.JPG


■ベッカムも来た「インドランドの丘」


 JAF限定無料施設の2ヶ所目、イングランドの

丘です。

110626-26.JPG

 ここの名物は、オーストラリアから来た

コアラです。

110626-27.JPG

 まさに、イングランド。

110626-28.JPG

 パンフレットや入場券も可愛いです。

110626-29.JPG

110626-30.JPG

 西オーストラリア州と兵庫県が友好関係にあることから

コアラで親交を深めるのが主旨らしいです。

110626-31.JPG

 15年前にオーストラリアへ行ったときには、コアラを

抱く(=乗せる)ことができたのですが、今となっては

残念。

110626-32.JPG

 コアラを運ぶケースだそうです。

110626-33.JPG

 寝ているようです。

110626-34.JPG

110626-35.JPG

 その他、いろいろな動物がいてて、子供連れには

良いスポットです。

110626-36.JPG

110626-37.JPG

 熱帯園もありました。

110626-38.JPG

110626-39.JPG


■日本発祥の地は淡路島にあった


 日本三大鳥居の一つだそうです。

110626-40.JPG

 日本の国の始まり、国生み神話があります。

110626-41.JPG

 日本の神々誕生の聖地、国生みの神話、

日本国土の発祥の地として古事記にも

載っているほど有名です。

110626-42.JPG

 鳥居の建替にも費用がかかるそうです。

110626-43.JPG

 近くには、淡路島特産のたまねぎモニュメントが。

110626-44.JPG

 たまねぎ小屋もたくさん残っていました。

110626-45.JPG


■淡路島で大盛況スポット


 今、淡路島で最も観光客の多いスポットといえば、

「たこせんべいの里」

110626-46.JPG

 せんべいが、試食できるからです。

110626-47.JPG

 工場も見学できます。

110626-48.JPG

 コーヒーが無料で飲めます。

110626-49.JPG

 せんべいでおなかいっぱいになって、神戸まで

戻ってきました。

110626-50.JPG
posted by かわたく at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。